バベルツァイヒヌング(BABELZEICHNUNG ) /パイプドリーム抄画

バベルツァイヒヌング(BABELZEICHNUNG )

――バベル素描、または素描文字、メモ、悪戯書き、または単なる造語、あるいは比喩的絵空言葉――

劇団(渋谷にあった演劇実験室 天井棧敷)の地下劇場でギター片手に琥珀色のロ
ックを飲みながら「俺はバベルの塔のラスプーチンになってやる」なんて云ってい
た《琥珀色のロック》との会話を想い出しながら・・・・・・美術の時間の自分の
精神のための課題「絵空言葉素描」文字?そこに空白があるから書(描)いてしま
った悪戯書きの私守唄の歌詞文字?四コマ漫画的2分間デッサン文字?・・・とにか
く、デザイン学校に行き始めた時から「素描」という言葉が好きだったわたしは、
これからの人生を素描(ドイツ語でツァイヒヌング)の精神で生きてみようと思
った。。。。。。
さてはて、バベルとは世界が一つの言葉であることがこの脅威なる行為(天まで届く
塔の建築)の原因と考えた神が人々に違う言葉を話させるようにし、世界各地に散ら
ばらせたという説や二度目の大洪水から逃れるために天まで届かんばかりの塔を作
ったという説など諸説様々・・・・空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの
塔」というらしいが・・・いい響きの言葉ですね。

パイプドリーム抄画

――わたしと指の距離における空洞画、あるいは麻薬的空想画の時間――

わたしは多くの悪戯書きを書いてきた。それは音楽のためであり、演劇のためであり、美
を意識するためであった。女体モチーフの少年の心が基本だ。また空洞画、麻薬的空想画
の時間であるがゆえに思いつくがままの「テーマなし《はぐれ絵》」ともいえる。

バベルツァイヒヌング(BABELZEICHNUNG ) 1.

アラーの神。ゼウス。エデンの園。ラーマーヤナ。エゼキエル書。ナスカやビスコの地上絵。ストーンヘンジ。ピラミッド。ギルガメッシュ叙事詩とノアの方舟。マヤ文明とアトランティス大陸・・・・・・・・神々たちのもとに創造された現実的神話伝説・・・・・われわれにはそんな血の呼吸(故旧)も流れているんだ。

パイプドリーム抄画 1.  蟹腕人

img002

Copyright (C) 2012 J・A・Seazer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s