バベルツァイヒヌング(BABELZEICHNUNG ) /パイプドリーム抄画 8.

朱色の寺院。何故か人間の尊さのやうなものが背中から臍に流れて胸の方に上がってくる。胸が天使の翼のやうに広がり、鳥が成鳥になるための羽ばたきの練習のやうな動きをする。頭が蝙蝠傘のやうに広がり、邪心の雨に濡れんとす。無風の嵐が天井を走り、息が一息一息をはっきりと、ゆっくりと呼吸する。もう帰ろうと振り返るとわたしは古代の何処ぞやの壁画き描かれた、一人の歩き始めの人間であることに気づく。「生きているのに…歩いているのに…何かを待ち惚けてるのに…」そういえば「惚け」と「惚れる」は何故同じなんだろう?

 スクリーンショット 2013-12-27 10.07.52 AM

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s